休眠資産返還代行サービス

州政府に強制移管された海外預金を確実に回収いたします。今まで諦めかけていた資産をはじめ、困難が予想される案件も当社のエキスパートにお任せください。長年培った経験をもとに、90%以上の確率で大切な資産を最短でお手元にお戻しいたします。

休眠資産とは

海外​州政府の管理下に移行された個人資産または法人資産を休眠資産(未請求資産又は放棄資産)といいます。

​​​ある一定期間を経過した金融資産は、請求放棄と見なされ、金融機関は州政府へ申告する義務があります。その資産は、州の歳入局で数年間管理され、その後返還申請がない場合、州政府が寄付金扱いとして接収します。主な金融資産は、銀行口座、投資口座、配当金、保険金、未換金小切手等が一般的で、資産を数年間放置したまま、気づいた時には既に州の管理下におかれていることが多く注意が必要です。​​​​州政府が寄付金として接収するまでの猶予期限は、州によって異なりますが、通常5年~15年(州によっては無期限)となります。

休眠資産返還手続き

一旦​州政府の管理下に移行された資産でも、猶予期限内であれば回収可能です。返還に要する時間は州により異なりますが、通常約2~4ヶ月となります。

​大切な資産の回収代行は、弊社のエキスパートにお任せください。

返還までのステップ
1. 資産確認

休眠資産の所在及び回収可能金額の確認を行います。

所要日数:約3日

※投資口座の場合、回収可能金額は審査が完了するまで確認できない場合があります。

2. 申請準備

金融機関から必要書類の取り寄せ、申請書類作成

及び該当州財務局との確認作業を行います。​

所要日数:約7日

3. 審査

必要書類が該当州財務局に受理された後、審査が開始されます。

審査期間中に質問事項や追加書類請求等で当局から連絡が入る場合がありますが、その都度当社で対応します。

所要日数:下記表をご参考ください。

4. 承認

申請の承認が出次第、該当州財務局から小切手が郵送されます。

小切手は取引先の銀行で換金が可能です。小切手の発行からお手元に届くまで通常2〜3週間要します。

休眠資産申請が可能な国/地域

※成功率は、本人申請、相続人申請、資産額、必要書類の有無、経過年数、国・地域、その他の状況により大きく異なります。

休眠資産申請に要する代行費用
電話での無料相談 :

03-4577-6442

受付時間: 8:00 ~ 14:00  (月~金 土日祝休)

インターネットでお申し込み:

をクリックしてください。

メールでお問い合わせ:

© US-Japan Financial Service 2020

海外口座トラブルのスペシャリスト

海外口座解約、海外口座凍結、海外休眠資産、休眠預金回収等の海外口座トラブルは日米ファイナンシャルサービスにお任せください。